プロフィール

当ブログをご覧いただきありがとうございます。管理人のドレッドを申します。

ドレッドについて

私についてざっくりと紹介します。

ドレッドについて
  • 1979年7月29日生まれ
  • 奈良県生まれ、千葉県育ち、現在奈良県在住
  • 小学生のころはエレクトーン・水泳・ボーイスカウト・英会話教室をやってました
  • 中学生の時に父を肺がんで亡くしました。それからずっと母子家庭
  • 高校生のころは理系コース。水泳部所属
  • 立命館大学の理工学部に入学。しかし中退します。
  • 23歳の時に統合失調症と診断される。
  • 36歳の時に放送大学に入学
  • 38歳の時に個人事業主になる

統合失調症の陰性発症の発症

統合失調症という病気をご存じでしょうか。名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。統合失調症とは100人に1人は発症するありふれた病気です。私は23歳のとき、統合失調症だと診断されました。

統合失調症の特徴として、「陽性症状」と「陰性症状」の2つの症状が現れるということがあります。どちらの症状から発症するのかは人によって異なるのですが、私の場合は陰性症状から発症しました。

陰性症状とは以下のような症状のことです。

  • <感情の鈍麻・平板化>喜怒哀楽の表現が乏しくなる
  • <意欲の減退>意欲や気力が低下する
  • <思考の低下>会話の量が減り、空虚な内容になる
  • <対人コミュニケーションの支障>人との関わりが減り、自閉的になる

引用:感情表現が乏しくなったり、意欲が低下する陰性症状

陰性症状からスタートした私は、大学では留年生をしながら自宅で引きこもってネットゲームばかりしてました。

実は統合失調症と診断される前から趣味でフリーソフトの開発もしていたので、ソフト開発はこっそりと進めていました。開発したソフトを公開するためのホームページを作ったり、ブログ(Movable Type)などもやってました。

転機になったのは26歳の時。ついに統合失調症の陽性症状が発症してしまったのです。

統合失調症の陽性症状の発症

26歳の冬に私は突然、陽性症状を発症してしまったのです。陽性症状とは以下のような症状のことです。

    <幻覚>現実にないものをあるように感じる
    <妄想>現実にはあり得ないことを信じ込む
    <自我意識の障害>誰かに支配されていると感じる
    <思考の障害>まとまりのない会話や行動になる
    <行動の異常>極度に興奮したり、奇妙な行動をとる

引用:あるはずのないものが現れる陽性症状

私の場合は「誰かに監視されている」という感覚でした。それと被害妄想・操られている感覚などもありました。

「これはどうみてもおかしい・・・」

当時の自分では自覚はできなかったのですが、「監視されている!」なんて今思えばおかしな話ですよね。そんなわけで、家族に強制される形で精神科病院に入院させられました。

精神科病院での入院生活

精神科病院での入院生活は3か月にも及びました。それまで入院というものをしたことがなかったので、すごく嫌だったのですが、同じ病室で入院していた方たちともすぐに仲良くなり、入院生活の後半は結構楽しく過ごすことができました。

ただ一つ我慢できなかったことが、自由にタバコを吸えなかった事です。

そのころの私はかなりのヘビースモーカーだったのですが、タバコを吸う時間が昼間の外出許可時間だけでした。

当時はタバコを自由に吸うことができなくて苦しかったですね。精神障害者って結構、喫煙率が高いのですよね。個人のタバコはナースステーションに預かってもらうというシステムでしたが、こっそりと病院内に持ち込んで、トイレでタバコを吸っていた方もいましたね。

ちなみに私は30歳の時に禁煙に成功してそれ以来タバコは吸っていません。

精神科病院を退院したあと

精神科病院での3か月間の入院期間を終えて、無事に退院することができました。2006年の3月の事です。

入院期間中にしっかりと薬を飲む習慣が身についたので、陽性症状に関してはすっかりなくなっていました。

また、退院後は障害基礎年金2級も受給することができて、少し金銭的に余裕が生まれました。

就職への道

精神科病院の退院とほぼ同じ時期にデイケアに通所するようになりました。そこで近所にある就労移行支援施設を紹介してもらって、訓練に励みます。

私が通所していた就労移行支援施設では主にパソコンの訓練やホームページ制作などを行っていました。私はさきほど紹介したように、ホームページ制作やプログラミングの経験があったため、とにかく楽しく訓練することができました。

その後、いろいろあって、就労継続支援A型事業所に就職し、そこで5年間、ホームページ制作のお仕事をしてきました。

A型事業所の退職。そしてフリーランスへ

A型事業所でのお仕事はホームページ制作、特に私はコーディングと呼ばれるお仕事をしてきました。5年間のお仕事を通じてスキルもメキメキ上がって、最後の2年くらいは後輩の指導のお仕事などもさせていただきました。

ホームページ制作のお仕事に特に不満があったわけではありません。しかしお仕事をしながら、心の中では

いつかフリーランスになって物書きの仕事がしたい!

と、ずっと思っていました。なぜなら、プライベートで運営していたブログが面白かったから!

そして2017年の9月に思い切って上司に

「会社を退職してフリーランスになりたい」

と伝えました。実は前々から「独立したい、フリーランスになりたい」とは伝えていたので、

「あぁついにか……」

というのが上司の反応でした。

本当なら2017年12月に退職して2018年1月からフリーになるつもりだったのですが、「頼むから、もうちょっと時間をくれ!」と上司からの懇願もあり、結局、退職できたのは2018年3月のことでした。

現在の私、これからの私

現在、私はフリーライターとして活動しています。主にランサーズやクラウドワークスにてお仕事を受注しています。フリーランスって基本的に何でも自分でやらないといけないので、すごく大変な時もあるけど、とてもやりがいがあります。当面の目標は、フリーランスとして月収50万円稼ぐこと! まだまだ遠い道のりですが、目標達成に向けてがんばります!

クラウドソーシング「ランサーズ」